こんばんは。 イギリス英語の花柄ITエンジニア PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke(PAR)です。     自分が独立する前は、旅行会社向けのITシステム「GDS」を提供する会社に勤めていました。     GDS(Global Distribution System)とは、世界中の航空会社、ホテル、レンタカーなどの予約・発券ができるコンピュータシステム。セーバー、アマデウスなどが有名。航空会社、ホテル、レンタカー会社の予約システムと接続されており、リアルタイムでの予約が可能。世界各国の旅行会社に設置もしくは旅行会社の予約システムと接続し販売されている。 ※JTB総合研究所より引用     いまいち何をやっているのかわからないですね^^;     旅行会社とGDSとの関係   要は、ほぼすべての旅行会社は、お客さんから予約を受けるときに自ら空席状況を航空会社に確認するのではなく、このGDSというITシステムに蓄えられているデータを使って、予約を作成・管理しているわけです。   航空会社(一部LCCを除く)は、自社の空席情報・運賃情報を毎日何回かGDSへ送り続けています。   GDSには世界中の航空会社から集められた膨大なデータが蓄積されているのですが、 旅行会社のサイトで日付と方面を入力して検索ボタンを押すと様々な航空会社の様々な運賃が出てくるのは、旅行会社が一つ一つの航空会社にデータを取りにいくわけではなく、このGDSがその集められたデータの中から最適な運賃・空席を解析し、結果を返却したものを表示しているんです。     今の所、旅行会社はGDSなしには成り立たないくらい、旅行会社にとっては重要なシステムなんです。     実は航空会社も、このGDSを使用して予約を管理しています。     旅行会社がGDSを通して作成された予約情報を、航空会社がGDSを通して確認する     という流れになっています。   ちなみに、作成された予約情報のことを   PNR(Passenger Name Record)   といいます。 予約情報であるPNRが管理されているGDSは、旅行会社・航空会社の共通プラットフォームになっているので、両者にとって必要なシステムなんですね。    そのITシステムを開発している会社が、アマデウスでありセーバーであったりするわけです。     GDSの収益モデル   GDSの収益モデルは、   […]

More